うつ病の再発を防ぐためには人間関係でストレスをためない方法を身につける

うつ病の再発を防ぐためには、人間関係でストレスをためない方法を身につけておきましょう。

人間関係がうまくいかないストレスから、うつ状態に陥ることがよくあるからです。

家庭では夫婦や親子の関係、職場では上司や同僚、部下との関係、そのほか隣人、親戚、友人との関係もあります。

人間関係のストレス軽減に必要なのは、上手にコミュニケーションをとる技術を身につけておくことです。

コミュニケーション上手になれば、調子が悪くなったとき、助けを求めるのにも役立ちます。

下園壮太の【うつ病改善プログラム】

ある足のけがの回復期にある人が、自転車で平坦な舗装された道路なら10キロも走れるようになりました。

ところが、悪路や砂利道などになると2キロも走れないことがあります。それと同じです。

うつ状態は傷つきやすさ・疲れやすさが三の三乗(二七倍)だということを思い出してください。実は、日常の生活を送るだけで、すでにぎりぎりの状態なのです。

コメントは受け付けていません。